2018年5月16日水曜日

光風館通信 2018年5月13日 第509号

< 寮祭 大成功!! >

 4月28日(土)寮祭が行われました。今年、第二部お楽しみ会の出し物で光風館は『走れメロス』のパロディを演じました!!主人公だけが目立つのではなく、ひとり一人の持ち味を活かしたストーリー展開で、会場が笑いに包まれ、大成功でしたね!!1年生は人前で演じることの恥ずかしさを乗り越えて、無事やりきった達成感を感じ、ホッとしたことでしょう!!この経験を想い出ではなく、生きる力に変えていきましょう!!

0513_ko01 ここで一つ質問。この寮祭で出し物をする意味って、何でしょうか?会場全体が盛り上がって、楽しい時間を過ごすこと。お楽しみ会の出し物でどんな1年生がいるのか、知ること。たくさんの人が笑顔になってくれること。それらは素敵な時間であり、本番で笑いを取ることも求められます。でも、その本番のためにどれだけの時間を掛けてきたか、その時間を思い出してほしいのです。寮祭準備期間中、寮祭の練習が仲良くなるきっかけや時間になったこと。練習を重ねることで何にも知らなかった光風生と少しずつ会話と笑顔が増えていったこと。練習が終わった後から一緒に過ごす時間が多くなっていったこと。同じ空間で共有してきた時間、それを通してお互いが同じ光風館に住む大切な仲間だと感じてほしいのです。これこそが寮祭で出し物をする意味だと私は考えています。この寮祭を自分たちの手で成功させた自信と経験を生かして、これからの寮生活でたくさんの仲間と出会ってほしいと願います。(片岡)

0513_ko02 0513_ko03 0513_ko04 0513_ko05 0513_ko070513_ko06 0513_ko08 0513_ko09 0513_ko11 0513_ko12 0513_ko13

 

 

 

 

 

< 礼拝のお話 >

『影の者たち』    K.F2年・愛知県みよし市出身)

 私の将来の夢は、ディズニーキャストです。今日は、そんなディズニーキャストについて話したいと思います。みなさんは、ディズニーリゾートで白いコスチュームと箒・塵取りを身にまとったキャストをご存知ですか?ちなみに、そのキャストの名前もご存知ですか?そのキャストは“カストーディアル”という名前です。その方たちは、主にパーク内の掃除をしています。私も何度かディズニーリゾートを訪れて、そのキャストを見て、私たちゲストのために一生懸命掃除をしていて、とても素晴らしく思いました。
 しかし、昼間だけでなくゲストがいなくなった真夜中でも、掃除をしている人たちがいることをみなさんは知っていましたか?そのキャストのことを“ナイトカストーディアル”と言います。その方々の昼間のカストーディアルと仕事は同じで掃除をしています。でも、カストーディアルはその場にいるゲストのために掃除をしています。では、ナイトカストーディアルはいったい誰のために掃除をしているのでしょうか。それは、明日来るゲストのためなのです。この人たちのおかげで毎日のディズニーリゾートがあるのです。
 私たちの身の周りにもこのナイトカストーディアルのような影で働く、言わば縁の下の力持ちの人たちがたくさんいます。ですが、その人たちの存在を知っている人は限りなく少ないと思います。それなのに、なぜその人たちはそんな誰からも自分の存在を知ってもらえない仕事をするのか、私は理解出来ませんでした。
 私は気になった挙げ句、1つの本を読みました。その本の名前は『ディズニーのそうじの神様が教えてくれたこと』という本です。その本は、著者の鎌田 洋さんが実際にキャストの仕事であった出来事をまとめた本です。その本の中にこのようなことが書いてありました。
 「私はね、地面に落ちたポップコーンをまた拾って食べるぐらい、綺麗な地面でゲストを迎えたいのです。私たちが自ら存在をあらわさなくとも、この地面の美しさが私たちの存在をあらわしていますよ。」
 私は、この言葉を読んでようやく理解することが出来ました。たとえ、その人の存在が見えなくても、この地面を見たゲストが「こんなに綺麗だということは、きっと誰かが掃除してくれたのだなぁ」とゲストが思うことによって、その人の存在が明らかになるのだと私は思います。
 私がこの話を通してみなさんに伝えたいことは、私たちの日常生活でも、このような自分の存在を全くあらわさない影で仕事をしている人たちがたくさんいます。その人たちがいるから、私たちが日々生活していけるのです。ですから、その人たちに感謝しましょう。その人たちのおかげで私たちが日々生きられていることに感謝して生きていきましょう。

 



2018年4月17日火曜日

めぐみ館通信 2018年4月15日 第95号

新しい出会いに感謝して

 2018年度、めぐみ館は39名でスタートしました。13名の1年生と、2年生も1名新しい仲間を迎え14名になりました。2,3年生は、後輩を迎える喜びと共に、先輩になる不安をそれぞれに抱えながら準備を整えてきました。入寮日前日の夜、2,3年生も出会いの時を心待ちにしながら、緊張感が伝わってきました。そんな気持ちも、1年生を迎い入れた瞬間に解消されます。毎年見られる2,3年生の姿ですが、凛とした表情の中に笑顔があふれ、前日とは違う大人びた様子を今年も側で見ることが出来ました。1年生にやさしさをいっぱい注いでほしいと願っています。
 悩みを抱える年代です。特に対人関係で悩むことも多くありますが、関わることでしか相手を知ることも、理解することもできません。価値観の異なる存在の中で、様々な経験を積み重ねながら、つながりを深めて、今持っている自分の世界を広げてほしいと思います。仲間と過ごす「寮生活」の中にそのヒントがたくさんあることに気づいてほしいと願っています。
 ご家族と共に、学校生活、寮生活を安心して過ごせるように、私も一人ひとりの幸せを願いながら、全力で関わっていきたいと気持ちを引き締めています。1年間どうぞよろしくお願いいたします。(小菅)

 

入寮礼拝~出会いの日~

0415_me34 0415_me42 0415_me43 0415_me46 0415_me47 0415_me48 0415_me57 0415_me58 0415_me59 0415_me60

 

2年生合宿(1部)~1年生を迎えるために~

0415_me13 0415_me14 0415_me15 0415_me16 0415_me17 0415_me18 0415_me19 0415_me20

 

2年生合宿(2部)

0415_me21 毎年、新2年生は一日早く帰寮をして、入寮してくる1年生を迎えるための合宿をします。1部は、掃除をして環境を整える。2部は、ミーティング。安心して1年生が過ごしていくために大切にしていきたい事等を話し合います。1年前に自分たちが書いた記録を読み返しながら、自分達の成長を振り返る時間も持ちました。元気あふれる2年生です。この一年、どのようにチーム力が深められ成長していくか楽しみです。(小菅)

 

 

 

 

0415_me22 0415_me23 0415_me24 0415_me25

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇

 入学礼拝を終えた夜、のぞみ寮恒例の「対面式」が行われました。1年生の「のぞみ寮生デビューの日」です。一人でマイクの前に立ち、自己紹介をします。緊張に包まれた時だったと思いますが、全員クリア。出会いに感謝しながら、仲間たちと過ごしていきましょう。(小菅)

0415_me49 0415_me50 0415_me51 0415_me52 0415_me53 0415_me54 0415_me55 0415_me56



2018年4月16日月曜日

みぎわ館通信 2018年4月8日 第279号

ご入寮・ご入学おめでとうございます!!

 4月3日(火)、12人の新しい仲間達がみぎわ館に入寮しました。2018年度は、3年生15名、2年生14名、1年生12名、合計41名のスタートとなりました。入寮礼拝の前日、2、3年生は誰一人遅れることなく門限までに帰寮することができました。とても嬉しいことです。

0408_mi01 2・3年生は、「うちの部屋の子ってどんな子かなあ。早く写真届かないかなあ。」と、妹たちに会える日をずっと待っていました。入寮礼拝当日は、2年生だけでなく3年生も玄関に集まり、ウェルカムボードを手に部屋の子の名前を大きな声で呼んで迎えました。春休み中に2年生が心を込めて作ったウェルカムボードが1年生に手渡されると、それまで緊張していた1年生の表情は和らぎ笑顔が見られました。実は、2、3年生も緊張していました。前日の夜から「あ~いよいよ明日だ!緊張するな!」と言っていた先輩達。でも、一番緊張するのは1年生。何も分からない世界に一歩踏み出して入ってくることがどんなに勇気のいることか、先輩達は知っています。知っているからこそ、自分達は最大の笑顔で迎えてあげたい!そう思っていたことでしょう。その先輩達の温かさにたくさん触れた出会いの瞬間でした。(小林)

0408_mi02 0408_mi03 0408_mi04 0408_mi05 0408_mi06 0408_mi07 0408_mi08 0408_mi09 0408_mi10 0408_mi11 0408_mi12 0408_mi13 0408_mi14 0408_mi15

 

 

 

 

寮生活第一日目の夜

 入寮した日の夜、1年生のオリエンテーションが各館で行われました。12人の仲間との出会いを大切に、また先輩達との出会いも大切にして欲しいと伝えました。これから始まる寮生活、ホームシックになることもあるでしょう。大変だと感じることも出てくることでしょう。でも、どんな時でも支えてくれる仲間が、先輩達がいることは間違いありません。朝起きて、みんなで朝食を食べて登校し、帰ってきたらみんなでまた食卓を囲み、夕礼拝の時をもって勉強の時間もしっかり確保する、そんな当たり前の毎日の中にたくさんのドラマが生まれることを私たち寮務教師は願っています。(小林)

0408_mi16

 1年生のオリエンテーションではちょっとしたゲームもやりました。ペーパータワーというゲームです。「紙=ペーパー」だけを使って、どれだけ高く積み上げられるかを競うというゲーム。折るのはOKですが、セロハンテープは使えません。「ええ~!どうやって積み上げるの?」と言う1年生達。でもやり始めると、どんどんタワーになっていきました。
 どのチームも共通して言っていたことがあります。それは土台をどうやって作るか、ということでした。土台がないと積み上げられないと気付いたのです。でも、土台の作り方は3つのチームそれぞれで違います。折り方も違えば、土台の大きさも違います。それでいいのです。「これしかない!」なんてことはないのです。

0408_mi17 寮生活も同じだと思います。50回生や49回生たちは1年または2年かけて仲間と支え合いながら、寮生活を楽しくするための土台を築いてきました。その方法はそれぞれの学年によって違います。途中でペーパータワーが崩れてしまうように、寮生活も上手くいかないことは必ずあります。でも、みんなで協力したり支え合ったり、知恵を出し合ったりすれば、また立て直すことができます。積み上がるスピードは、一人一人違えば学年でも違いがあります。でもそれでいいのです。一人では出来ないことが12人いれば、みぎわ館の仲間がいればできるようになる!ということを、3年間を通してたくさん感じて欲しいなと思いました。(小林)

0408_mi18 0408_mi19