2017年12月13日水曜日

めぐみ館通信 2017年12月10日 第89号

今できること

1210_me01 1年生は、のぞみ寮クリスマスに向けて会場となる友愛館の装飾に全体で取り組みます。2年生は、中心となりのぞみ寮クリスマスを運営するために各委員会で取り組んでいます。3年生は、進路決定した生徒、これから受験を控えた生徒、それぞれに残された時間を惜しみながら生活しています。悩み、葛藤をそれぞれに抱えながらも、日々慌ただしい時間の中、たくましく生活するめぐみっ子達の姿には、パワーがあふれています。
 各学年でミーティングを持つ中で、様々な発題があります。各学年で共通していることは、「関わる」ということです。共に生活することでしか出来ない関わりを大切にしたいという想いです。3年生のミーティングでは、「自分達は、今まで本当の意味で後輩たちと関わりをしていのか?」「決まり事を通しての会話が中心だった」「残された時間は少ないけれども、私たちが今から出来る関わりを深めていこう!」と実践していくことを確認し合いました。「実は、年下の子と関わるのは苦手だったんだ」と本音をつぶやく3年生もいました。「でも、自分の出来る関わりをしてみる!」と・・・。早速、実行しようと、ミーティング後から実践している3年生達の姿がありました。3年前の入学の頃の、彼女達の姿を懐かしく重ねながら、あらためて成長の喜びを感じる時ともなりました。残された時間に多くの恵みを感じられますようにと祈りながら、共に過ごしていきたいと思います。(小菅)

 

 

 

 

1年生合同レクレーション~

1年生同士の交流を深めたい」という願いのもと、計画されたイベントです。和気あいあいとした雰囲気の中行われました。次の取り組みは、のぞみ寮クリスマスに向けての「1年生合同のクリスマス装飾」です。どんな形で進んでいくのか楽しみです。 

1210_me02 1210_me03 1210_me04 1210_me05 1210_me06 1210_me07 1210_me08

 

 

 

礼拝のお話

「自分を認める大切さ」  2年 I.S

 みなさんは、どんな人に憧れますか?また、どんな人になりたいですか?具体的に私は、自分があって、誰にでも同じ態度で接することができて、何かが人より飛び抜けて出来る人に憧れます。でもある日私は気づきました。自分の憧れの人は、自分に足りていないものを持っている人だと・・・。だからこうして考えると、自分に足りないものが憧れとなっていると思いました。私には、身近ですが憧れている人がいます。その人のようになりたいと何度も思ったことがありますし、今でもそう思います。でも実際その人にはなれません。どんなに似ることができたとしても、人が違うのですから同じ輝きも出来ないし、そうなれた自分を自分が見ても憧れはしないだろうと思いました。そうなれても、その自分は、その自分に持っていないものをまた求め、憧れているはずだからです。結局、人というか自分が、わがままで欲張りなのだと思いました。常にどのジャンルにおいても満足出来ず、それ以上をほしがってしまいます。すごい生き物だなぁと思いました。
 最近私は、人のいいところと自分を比べてしまい、落ち込んだり、自分について考えます。神様は「あなたがたは高価で尊い、私はあなたがたを愛している」と聖書にも書いてあるほど、私たちのことを大切に思ってくださっているから、憧れるばかりでなく、自分を認めることも大切だなと思いました。
 いろんな人がいて、個性があるから、多くの出会いがあって、憧れる人も見つけることが出来て、様々出会いや経験が出来るのだと思いました。自分を見つけるためにどうしたらいいのかさえも分かっていないけれど、日々を充実させるために、自分を持ち、何事にも感謝し楽しんでいきたいです。またどんな時でも、自分を大切に思ってくださる神様がいることを忘れずに、これから生活していきたいです。
 みなさんも、憧れの人がいたら、その人のようになりたいと思うことがあると思いますが、人と比べて自信がなくたった時は、どんな時も神様は大切にしてくださっているのですから、しっかり自分を認めてあげられるといいですね。

 

 

 

 

 

1210_me09 1210_me10 1210_me11 1210_me12

~ 共に考え、学ぶ時~

 新潟医療福祉大学・看護学科のピアエデュケーションサークルのみなさんと3年生との学び合いの時間を持ちました。継続的に行っているセクシャリティ教育です。学生のみなさんも多くの時間をかけて準備を整えてくださっています。今回のテーマは「妊娠と出産」です。学校からも堀越先生、小黒先生がお子さんを連れて参加してくださいました。実際に、だっこや装具を身につけて妊婦体験等もしました。学生さん達とディスカッションを通し、「お互いを大切にすること」「自分を大切にすること」「命の尊さ」を確認、共有しました。家族への感謝の気持ちを伝え合う場面では、それぞれに大切な家族の存在を言葉にしている姿に私自身が胸いっぱいになりました。のぞみ寮で過ごす時間もあとわずかとなった3年生。これからそれぞれの地で生活を始める生徒達一人一人の幸せを願うばかり・・・・・・一人一人の表情を見つめながら思いがあふれたひとときでした。(小菅)

 



2017年12月11日月曜日

今週ののぞみ寮 第51号

0051_01 0051_02

 12月6日(水)朝起きたら、敬和のキャンパスが真っ白になっていました。今年初積雪!です。これまでもチラチラ降っていることはありましたが、一晩で、しかもみんなが寝静まってから降り始めた雪が朝にはこんなになっているなんて!!カーテンを開けた瞬間、私でさえなんだかワクワクしましたから、寮生はきっとみんな……と思っていたらやっぱり!一番乗りに外に走り出てきたのは女子寮の3年生たち。玄関を出て、「わ~!雪だ!」と言ったと思ったら、もう雪合戦の体制に……。「ぎゃー!冷たい。」「アハハ!」と朝から元気な声が響いていました。

0051_03 南の方から入寮してきた1年生は、「スキー以外でこんな雪見たの初めて!」とこれまた大興奮。朝食終わったら雪合戦しよう!雪だるま作ろう!とワクワクしていたら、ガガガガガと大きな音が。顔を上げるとそこには除雪車が。寮生が登校しやすいように、通生が困らないように、先生達の車が無事止められるように……とみんなの安心安全のため施設の平松さんがいつもより早く来てくれ、除雪をしてくれていました。いつも、ありがとうございます!それを目撃した先の1年生は「すご~い!除雪車初めて見た!」とまたまた大興奮。でもすぐに「あ~~~!だめ~!雪、片付けないで~~!」と(笑)。笑ってしまいました。

 

 

 

 

 

0051_04 0051_05 0051_06

 12月8、9、10、11日と連日行うキャロリングのため、11月の半ばからほぼ毎日のように練習してきたメンバー達。クリスマスを共にお祝いするため、喜びを分かち合うため、賛美を届けるために集まった有志は学年様々で、40名を超えます。パートに分かれて練習し、その合間にキャロリングのための楽譜作りをみんなで行い、そしてまた練習。時間を見つけて、協力し合って、本当に良く準備してくれました。3日間にわたるキャロリング、いつもお世話になっている教会や、近隣の施設、そしてキャンパス内と様々なところで心を込めて歌い、ステキな時間をたくさんの方々と共にしてきました。迎えてくれた沢山の方々、本当にありがとうございます。キャロリングメンバーを迎え入れるためにお集まりいただき、たくさんの準備もしていただき、本当に感謝です。
 教会や施設に伺ったときはちょっと緊張していた様子の寮生達(それでもとってもステキでした!)、10日のキャンパス内の各館で歌ったときは、聞いてくれる仲間の視線に恥ずかしそうにしながらもおどけてみたり、アンコールのサービスをしてみたり。それはそれでまた雰囲気良く、ステキだったと思います。各館の仲間達も、キャロリングメンバーを暖かく迎え入れてくれ、一曲ずつ拍手をくれたりと暖かく盛り上がりました。
 さぁ、キャロリングは一段落しましたが寮クリスマスは12月16日です。1年生は飾り付けを、2年生は企画・運営をよろしくお願いします。3年生は最後の寮クリスマス。心から楽しめますように!

0051_07 0051_08 0051_09 0051_10 0051_11 0051_12 0051_13 0051_14 0051_15 0051_16 0051_17 0051_18 0051_19 0051_20 0051_21 0051_22 0051_23 0051_24 0051_25



2017年12月8日金曜日

めぐみ館通信 2017年12月5日 第87・88号

2017年もあとわずか…

 初雪が降り,新潟の冬の到来です。新潟出身の私ですが,雪の季節は年齢を重ねるたびに億劫になってしましいますが、そんな気持ちを明るくしてくれるめぐみっ子たち。うれしさいっぱいに雪に触れる姿に、元気をもらっています。関東,関西出身の生徒達は,雪との生活も初めてで楽しみだったと話してくれます。雪国の生活を存分に感じてほしいです。早朝から施設の方は校内の除雪をしてくださり,不便のないように環境を整えてくださっています。日常の生活がたくさんの方に支えてられて,守られていることに感謝しながら過ごしていきたいと思います。
  気づけば12月。生徒達は,4期の定期テストに向かって日々励んでいます。近頃の私はと言えば,やらなくてはならないことを様々のことを言い訳にし,後回しにしがちでした。そんな気持ちに力を注いでくれるのは,やはりめぐみっ子たちです。彼女たち一人ひとりの姿に励まされています。一人ひとりが誠実に過ごす姿に教えられることが常にあります。私自身が彼女たちを通して歩みが深められることは幸せなことだとあらためて感じるこの頃です。久しぶりの帰省の日を楽しみにしている生徒達です。共に日々に感謝して冬休みを迎えましょう。(小菅)

 

 

 

寮体験プログラム

 11月。寮体験3名の生徒さんを迎えました。迎えるということで,自分たちの日常を振り返ることのできる時でもありました。5日間という短い期間でしたが,寮生活を通して体感したことがこれからの敬和生活で活かされることを願っています。新しい出会いに感謝の時でした。

1207_me01 1207_me02 1207_me03 1207_me04 1207_me05 1207_me06

 

 

 

 

 

礼拝のお話「寮体験プロブラムを通して感じたこと」(抜粋)

 

1207_me08 中学までの学校生活は、つらい時間を過ごしてきました。敬和の入学を決めるきっかけは兄でした。兄はいつも敬和でのことを楽しく話してくれました。両親も賛成してくれました。実は最初は寮体験をする気持ちは全くありませんでしたが、寮生の友達が誘ってくれて、めったにない機会なので体験することにしました。いざ寮体験が始まると、決まり事は多いし、スマホも使えないし、とても大変で窮屈だと思いましたが,過ごしていくうちに、友達といろいろ話せて普段は見られない一面も見られて新しい友達や先輩もできました。今では、寮体験をすることが出来て良かったと感じています。ありがとうございました。(1年 S.Yさん)

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇

 私は寮体験で、想像していたものよりもはるかに多いものを得ることが出来ました。実は、以前から入寮したいという気持ちがあり、また通生のバスケ部のマネージャーとしての取り組み方を見直すために寮体験を希望しました。

1207_me09 寮体験で得たものは、主に3つあります。1つ目は「あいさつの大切さ」です。寮体験の中で今までの生活の中で一番あいさつをしました。一つ一つあいさつすることで気持ちがすっきりした気持ちになりました。学校でも自分からあいさつをするようになりました。あいさつで人の気持ちが変わることに気づきました。2つ目は「一人になることの大切さ」です。今までは誰かと一緒に行動していました。でも寮では、食事の列には一人で並び、一人でお風呂に行き、一人で考えて行動する時間を持つことが出来ました。今の自分を見直すには、一人の時間はとても大切だと思います。3つ目は「自分のことは自分でやる大切さ」です。家ではスマホから離れられず、家のことは親にやってもらう生活でした。ですが寮では自分のことを自分でしなければなりません。スマホのない生活を過ごしてみると、本当にやるべきことは後回しにせず、自分の身の回りのことや準備だと気づかされました。めぐみ館の生活で得たものはたくさんありますが、一つ一つ忘れずに明日から生活していこうと思います。(1年 N.Yさん)

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇

1207_me10 寮体験初日、「寮体験に参加した理由は、ノリとネタです」とふざけたことを言いましたが、本当はちゃんとした理由があります。それは、寮生が普段どんなところで、どんな風に、どんな思いで生活をしているかを知りたかったことと、自分の生活リズムを見直したかったからです。寮体験でまず感じたことは、寮生の皆さんは自立しているということです。親元から離れて協力し合い、自分たちの力で生活をするということは、これから先、社会に出た時に必ず必要になることだと思います。私の生活は、それには程遠いもので、生活リズムは崩れきって不健康そのものでした。5日間で変わったことは、まず睡眠をしっかりととることです。「人はその日に満足をしていないから,それを取り戻そうとして夜更かしをする」とある記事で読んだことがあります。全くその通りだと思いました。朝から寝るまで常に友達がいる生活はとても充実していて,スマホなんてなくても楽しく思いえるようになりました。
 次は3食しっかりと食べることです。家での生活では朝食は,あまりお腹が空いていなかったので食べない日もありました。これはきっとリズムが崩れていたからだと思います。寮体験を通して,生活リズムが整っていくことを体感できました。
 みなさんと過ごした時間はとても意味のあるものとなりました。めぐみ館で見て感じて,思ったことをこれからの生活に活かしていきたいと思います。みなさんありがとうございました。(2年 H.Sさん)

 

 

 

女子寮合同レクリエーション~ハロウィンパーティ写真特集~

1207_me11 1207_me12 1207_me13 1207_me14 1207_me15 1207_me16 1207_me17 1207_me18 1207_me19 1207_me20 1207_me21 1207_me22 1207_me23 1207_me24 1207_me25 1207_me26

 新行事委員が中心になり企画しました。初仕事が女子寮合同の行事の取り組みです。「合同で一つのことを計画する」話し合いが思うように進まず、意思疎通の難しさを感じながら準備を進めていました。寮体験プログラム参加者への歓迎の気持ちも込めての企画でしたが,そんな姿をとても頼もしくサポートすることができました。当日の行事をやり終えたとき「一つのことをやり遂げるって,大変だったけどなんだか気持ちいい」と良い表情で語る生徒。「うまく力を出し切れなかった」と伝えてくる生徒様々でしたが,これからの生活の中でまたどのように発揮されていくのか楽しみです。自分たちの館の関わりを大切に育んでいくことはもちろんですが,女子寮合同の取り組みを通して絆が深められていくことも心から願っています。(小菅)

1207_me27