2017年6月26日月曜日

めぐみ館通信 2017年6月22日 第80号

新しい出会い~6月は部屋替えです~

0622_me101 フェスティバルを終え、2週間が経とうとしています。めぐみ館内は、落ち着いた雰囲気の中、時間が流れています。先週は、部屋替えが行われました。3年生は、3年生部屋となり、進路決定に向けて日々受験の準備をしていきます。3年生の部屋のメンバーは、自分たちで話し合いをして決めました。話し合いは、とても和やかに進められ、あっという間に部屋決めを終えました。3年目の関係性がしっかり築かれていることが感じられた時でした。
 1、2年生部屋では、新なメンバーでの生活がスタートしました。2年生は、荷物は、確実に増えているものの、部屋移動も手慣れたものでスムーズに引っ越しを終えていました。1年生も、先輩たちの動きをまねつつ、引っ越しを終えました。引っ越し作業も、楽しみながらする姿はステキでした。
 ほっとする間もなく、第2期の定期テストが迫ってきました。前回より早くに取り組む頼もしい姿が見られています。体調管理をしながら、取り組めるようにサポートしていきたいと思います。(小菅)

0622_me102 0622_me103 0622_me104 0622_me105 0622_me106 0622_me107

 

 

 

フェスティバル前日の夜

 フェスティバル当日同時開催されるオープンスクールのために、友愛館のお掃除を1年生が手伝ってくれました。讃美歌を歌いながら楽しく、にぎやかに掃除を進めることが出来ました。

0622_me108 0622_me109 0622_me110 0622_me111

 

 

 

礼拝のお話

一歩踏み出した、人との関わり方  2年 A.Y
 皆さんには、苦手な人はいますか?“一人もいない”という人は、おそらくいないのではと思います。ではどうしてその人を苦手になりましたか?ちゃんと接して苦手だと思った人もいると思いますが、見た目で苦手と決めつけていることはありませんか?“こわそう”だったり、“自分と合わなそう”という理由で苦手と思ったことがあるかもしれません。
 正直、私にはそういうところがあります。人にどう思われているか分からず、勝手によく思われていないと思うと、自分から関わることをしません。特に、中学校の頃はそうでした。苦手だと思った人とは出来るだけ関わらないようにし、いつも決まった人と行動していました。
 中学校の時は別に考えたこともなかったし、それでいいと思っていました。敬和で知り合いが一人もいない中で生活をするようになり、やはり苦手だと思う人が出てきました。それではいけないと思い、自分から苦手と決めつけずに話してみようと思いました。
 話して仲良くなると、「なんで私は勝手に苦手と決めつけていたのだろう!」と自分が恥ずかしくなりました。中学の頃に気づけていたら、また違った出会いがあったかもしれないと思うと、今更ながら後悔ですが、このことに気づくことが出来、本当に良かったです。これからの生活では、苦手と決めつけずたくさんの人関わっていきたいと思います。

 

 

 

~フェスティバルあれこれ~ この日まで、たくさんの出来事があり、そして、笑顔で迎えた本番です。~

0622_me118 0622_me120 0622_me122 0622_me123 0622_me124 0622_me125 0622_me126



めぐみ館通信 2017年6月22日 第79号

~事務室のあれこれひととき~①

サラブ 
 めぐみ館には皿回しの道具が3セットもあります。置いてあるのを見つけた私が「これ何?」と指差して言うと、3年生のI・Yさんが「あ、これ?こうするんだよ。」といとも簡単に皿回しをやって見せてくれたのです!「わぁ~!すごいじゃん!!」と興奮した私。「でしょ。私、サラブの部長だからね。」と得意げなIさん。サラブ?……あぁ、皿廻し部ね。へぇ、そんな部がめぐみ館にはあるんだ。へぇ。……部員、いるのかな。なんて心の中でつぶやいていた私でしたが、また別の日に部員を発見したのです。本当にいました、皿部部員!!
 めぐみ館事務室に入った瞬間、必死に練習するめぐみっ子1年生達。「あ~!出来ない!なんで~!」なんて絶叫しながら練習の励んでいたのです。傍で見ていた2年生Kさんが「ちょっと貸してみて。こうやるんだよ。」と、ひょいっとこれまた簡単そうにやって見せてくれました。
 「すごい~!!」と1年生。尊敬の眼差しです。1時間近く必死で練習して、やっと1回、2回できていましたが、出来た時の喜び様ったら、ものすごいものでした(笑)。中には最後まで出来ずに、手で回して「出来た!」と言って見せている人もいましたが……(笑)。来年の今頃には皿回し、苦戦している1年生もサラッとやって見せられるようになっているんだろうな。そして、憧れの眼差しで見つめられているんだろうな。なんて想像して一人でニヤニヤしちゃいました。
 めぐみ館事務室は自由時間、とってもとっても賑やかです。学年関係なく、混じりあって楽しそうに過ごしています。
 関わるから、相手を知れます。相手を知るから好きになり、好きになってもらえます。だからたっぷり関わりたい。ある2年生がそんなことを言いました。めぐみ館生、素敵だなぁ!!!(森口)

0622_me01 0622_me02 0622_me03 0622_me04 0622_me05 0622_me06

 

 

 

~事務室のあれこれひととき~② 

おいしい梅ジュースになぁれ!! 
 新鮮な青梅をいただきました。早速、梅ジュース作りをスタート。「一緒においしい梅ジュースを作りませんか?お手伝い待っていま~す」と放送が流れると、次々に“梅好き”女子たちが事務室にやってきました。名付けて“梅女子”にぎやかに、梅のへた取りが始まりました。「飲むのは好きだけど、作るのは初めて…」
 「いつになったら飲めるの?」中には、「梅ジュースあるんですよね。飲みにきました。」とちゃっかり者も登場です。そんなお茶目な彼女の登場で、場の雰囲気は一気に盛り上がりました。彼女も作業に加わり、アッという間に作業は終了し、5キロの梅は、ビンの中へ。
 学年を超えて、交わりながらの梅ジュース作りのひと時でしたが、繰り広げられるにぎやかな会話が楽しくって、こんな何気ない交わりが、積み重ねられるといいなぁと、しみじみ思いながら、ほのぼのとした気持ちになりました。こんな素敵な交わりが出来るものも、寮生活ならではですから…・・・。
 ビンには、「気が付いた方、愛情をこめて混ぜ合わせてください。筋トレにもなるよ!」とメッセージが貼られています。くつろぎつつ、愛情をこめてビン振りをする姿が見られる最近の事務室です。完成する日が待ち遠しいこの頃です。(小菅)

0622_me07 0622_me08 0622_me09 0622_me10 0622_me11 0622_me12 0622_me13 0622_me14

 

 

 

めぐみ館に教育実習生を迎えました!!
 5月末から3週間、体育科の教育実習生がめぐみ館で共に生活をしてくださいました。43回生の卒業生でもあります。在学中は、通学生だったそうです。

0622_me15 初日からめぐみ館生との交わりを積極的に持ち関わってくださいました。「私も、寮生活を過ごせたらよかった。と今更ながらに悔やんでいます。」としみじみ話されていました。
 実習最後の日は、礼拝でお話をしてくださいました。「今の私を作ったきっかけは紛れもなく敬和なのです。ここが私のスタート地点と言っても過言ではありません。私は敬和での生活、経験から 『人に愛され、人を愛す大切さ』を学びました。だからこそ『人のためになりたい』と思い、今ここにいます。」と敬和生の頃を振り返ってめぐみ館生に心を込めて話される姿がとても印象的でした。卒業生のお話は、一人ひとりの胸に刻まれたと思います。
 最後は、3年生行事委員、Aさん、Mさん企画の、先生へ“サプライズおつかれさま会”が開催されました。 サプライズは大成功!!久しぶりに、めぐみ館全体でにぎやかなひと時を過ごしました。またお会いする日を楽しみにしています。(小菅)

0622_me16



2017年6月22日木曜日

今週ののぞみ寮 第36号

0036_01 0036_02 0036_03 0036_04 0036_05 0036_06 0036_07 0036_08

 6月16日(金)、男子寮合同のスポーツ大会が行われました。学年も、館もごちゃまぜでチームを編成しバスケをしたそうです。それにしても、男子寮、スポーツの前にはきっちり準備体操してるんですね!って感心しちゃいました(笑)。でもそれ大事!ついつい必死になってしまうでしょうから、準備体操きっちりするのは大切です。その辺を怠らないのは大したものです。

 メインのバスケは笑顔いっぱい、笑い声いっぱい、汗いっぱいの楽しい時となったようです。あまり関わりをもてていなかった館の異なる1年生と3年生が肩を組み合って笑う様子があったり、輪になって作戦会議をする様子があったり……。関わりいっぱいの、素敵な時間だったようです。

 

 

 

0036_09 0036_10

0036_11 のぞみコール(みんなで好きな讃美歌を歌おう!のサークルです。)は金曜の夕食後に行われています。以前は平日に行われていましたが、もっと参加者を増やしたい!との思いから、3年生男子寮生が曜日変更してくれました。おかげで平日夜は何かと忙しい女子寮生ものぞみコールに参加できています。1年生が積極的に参加してくれるのがとっても嬉しい。いつもはピアノ伴奏だけで歌いますが、この日はギターも加わりより一層ステキな時間となりました。

 

 

 

 

 

 

0036_12 0036_13 0036_14 0036_15

 みぎわ館裏で何やら農作業をしている人たちを発見しました。彼女たち、畑部の部員です。土いじりが大好きな小菅先生の「さつま芋の苗植えるの手伝って~!」と女子寮に放送が入りました。ある週末のお昼間です。「は~い!」と集まったのが本日の部員たち。めぐみ館の2・3年生とみぎわ館の1・2・3年生と、実習生の先生方です。「おいしいさつま芋ができますように!」と祈りながら畝を作り、一つずつ丁寧に植えていきました。「さつま芋の苗は植えた最初の1週間が勝負!水やり、一生懸命しなきゃだよ!」と2年生。自宅でもよくやるのだそうで、素敵なアドバイザーとなっていました。

 秋には収穫して、みんなでパーティーするのが目標です。おいしくて、おおきくて、ほくほくのさつま芋が山ほどできますよ~に!!



今週ののぞみ寮 第35号

0035_01 0035_02 0035_03 0035_04 0035_05 0035_06

 フェスティバル当日の朝食の様子です。男子寮の被り物は、フェスティバル仕様の頭髪を隠しております。隠さず、朝食に出てきますと、怒られるからです。「この日は特別」感はあるんですが、学校では頭髪をいじるなと指導されています。そんな指導されている以上、堂々とされては困ります。と言う事で、「頭髪は何もしてはいけませんよ、もし、変なことをしたならば、隠して来なさい」とまるで容認しているような、ビミョウな指導をしております。そして、その日の夜の点呼には、すっかりみんな元に戻っていました。中には、髪の毛がなくなっている寮生もいましたが、全員きちんとしてくれていました。こういう所が、彼らの可愛さです。

 

 

0035_07 0035_08

 フェスティバル2日は、寮のバザーが行われました。寮生の保護者の皆様が送ってくださったご当地の名物が山ほど並んだ、寮バザー。値付けをして、陳列して……と寮務教師にとって慣れない作業ではありますが、なんとまぁ楽しいこと。「これなんだろう!?」「わ!これ美味しそう!」「寮のバザーって私達も買い物していいんですか?」なんてワイワイしながらのとっても楽しい作業でした。並べ終わるとすぐに始まった販売には、通りかかった保護者の方々が吸い込まれるように足を向けてくださり、大盛況。日本中の名物が敬和で買える!と言っても過言では無いほどのバザーですから(さすがに言い過ぎかな!?)、見るだけでも面白いのは言うまでもありません。午後1時には完売し、山盛だった売り場はすっからかんになりました。

 「献品お願い致します!」の声に本当にたくさんの方々が応じてくださいました。改めて、たくさんの保護者の方々の祈りとお支えの中でのぞみ寮が歩めていることを実感しました。本当にありがとうございました!